港町であそびませんか


by lafittes

カテゴリ:船長日記( 2 )

なんとなく一人でふらっととお気に入りのバーのカウンターで過ごす至福のひと時。
ふと気が付くと綺麗な黒髪をアップにした女性がとなりで同じようにギネスビールを呑んでいた。

なんとなく目があって別に意味はないけどグラスを重ねてみた。
バーテンダーも交えてなんでもない会話がはずむ はずむ。
彼女の昔のオトコのこと、昔見た映画のこと、遠いカリブの島々のこと。
いつのまにか知った顔がカウンターに集まり、今夜たまたまそこに居合わせた
偶然で必然の素敵な夜にまた出逢うことが出来たのだ。

みんなそれぞれに荷物を抱えて生きている。 
悩んだり、投げ出したり、後悔したり、見失ったり。
そんな荷物が重く感じたら、誰かに相談するものいいけど。
不要になった荷物は今夜行ったあのバーのカウンターで
なじみのバーテンダーに預かってもらうのもいいんじゃないか。

意外と長くて暗いトンネルの出口は偶然の必然で見つかったりするから。



そんな夜をいくつも超えて、行き交う人の匂いが染み付いた
酒場の数が、街の素敵指数なんだよね。
[PR]
by lafittes | 2010-09-13 02:50 | 船長日記
最近友人Mさんの呑み方をマネて
モルトをちびちびショットでやりながら
チェイサーをグビグビ呑むのにはまってます。

40度以上のアルコール度数を持つモルトをはじめとする
スピリッツをなにも薄めずそのまま呑むなんて
そんな大人なこと、ついこないだまで出来なかったはずなのに
この呑み方なら、そのスピリッツの持つ本来の味わいを楽しみながら
薄め方次第じゃお酒の弱い方でも楽しめるんだなと
いろんな組み合わせを試していました。


今んとこオレのナンバー1はというと
大好きなラム酒のなかの優しい口当たりナンバー1
ロンサカパ・センテナリオ23年
そしてアイスミルク(え~牛乳ですとも)
ただしアイスミルクとは氷を入れたグラスに注がれた牛乳であること

あとは呑みすぎに注意するだけです。
[PR]
by lafittes | 2009-06-21 02:18 | 船長日記